ホーム > クレジットカード現金化 > クレジットカード現金化とキャッシングの違いとは

クレジットカード現金化とキャッシングの違いとは

一般に無担保で保証人なしのお金の借入は、キャッシング会社や銀行のカードローンからします。しかし、クレジットカードで現金化することもできます。
クレジットカードは、ものやサービスを購入した時に、カード会社が立替払いするシステムですから、直接現金を借りることはできません。しかし、専門の業者を介して、安い商品を高額で購入して、差額をキャッシュバックなどのかたちで戻してもらい、実質的に現金を借りるという方法があります。

http://www.card-katsuyo.com/
このようなクレジットカード現金化は、一部では余り評判が良くないのですが、色々なメリットもあります。まずは、キャッシングの審査に通らない人でもクレジットカードが使えるのでしたら、お金を借りられるところです。
また、キャッシングの利用歴は、個人の金融情報としてデータベースに蓄積されます。そして、このデータベースには、キャッシング会社などがアクセスできて、簡単に特定の個人の金融情報を得ることができます。しかし、クレジットカード現金化でしたら、キャッシングのデータベースに載ることはありません。
それから、キャッシングには、総量規制という貸出制限があります。これは、個人のキャッシングでは、年収の3分の1までしか貸し出してはいけないという規制ですが、クレジットカードを使いますと、この規制に関係なくカードの限度枠まで使えます。
クレジットカードを使った現金化の利息とキャッシングのそれは、どのくらい違うのでしょうか。これは、業者によって異なるのですが、一般的には、両者ともあまり変わらないようです。また、クレジットカードにはポイントがつくことが多いですから、キャッシングより少しましでしょう。